野菜ごとのスイーツレシピ

ルバーブとクリームチーズのケーキでダイエットを助ける

投稿日:2017年5月15日 更新日:

ルバーブはシベリア南部が原産で、日本名では食用大黄(しょくようだいおう)と呼ばれる多年草です。茎の部分が赤くなっているのが特徴で、ジャムなどにしばしば用いられます。シベリア原産というところからやはり寒冷地に生息する植物で、日本では北海道や長野県が産地になっています。まだまだ聴きなれないこのルバーブという植物には実は非常に多くの栄養がつまっているのです。

ルバーブに含まれる栄養と期待される健康効果

ルバーブには、まずカリウムが多めに含まれることが大きな特徴です。
カリウムは、体内のナトリウムの濃度を一定に保ち、余分な水分を排出する働きがあるため、むくみの解消に大きな効能がある栄養素です。
次に、食物繊維がたっぷり含有されていることも見逃せません。
食物繊維には、腸の掃除役として便秘の解消に大きな効能があります。食物繊維は水分を含むとかさを増すので満腹感の維持にも効果があり、ダイエット中の人にもおすすめです。
さらに糖やコレステロール値を抑える効能もあるので、生活習慣病の予防や改善にも役立つと期待されます。
また、最もユニークなのがアントシアニンも多く含まれてる点です。アントシアニンは、視力機能の維持や向上に大きな効能がある栄養です。白内障や緑内障といった眼病予防や眼精疲労の回復にも効能があるなど、目にとても良い栄養なのです。強力な抗酸化作用も持ち合わせていますからアンチエイジングや生活習慣病の予防にも役立つとされています。

ルバーブを使ったベジスイーツ

このように多くの栄養と健康効果を持つルバーブですが、まだまだレシピがすくなく知名度が低いのが残念なところです。そこで本記事では最近話題のベジスイーツに注目し、ルバーブを使用した素敵なレシピをご紹介します。

ルバーブとクリームチーズのケーキ

[材料]

ルバーブ…2カップ
卵…3個
グラニュー糖(砂糖)…2/3カップ(120g)
バター(無塩)…大さじ3
牛乳…大さじ2
小麦粉(薄力粉)…1カップ(120g)
ベーキングパウダー…小さじ1
クリームチーズ…60g

[事前準備]

卵は常温に戻しておき、粉類はまとめてふるっておく。

[作り方]

1. ケーキ型にバターを塗り型の底と側面にオーブンシートを貼付ける。
2.ルバーブは2cm程にカットしてボウルに入れグラニュー糖大さじ1(分量外)を振りかけておく。
3.フードプロセッサーに卵を割って、グラニュー糖を加えて、2も加えしっかり混ぜる。
4.バターは溶かしておき、3に加えて混ぜる。牛乳も加えて混ぜる。
5.小麦粉(薄力粉)とベーキングパウダーを併せておき、ふるいにかけてフードプロセッサーの中に加えてさっと混ぜる。
6.5をケーキ型に流し込み、クリームチーズをちぎって生地の上に載せてから2のルバーブをその上にのせる。
7.180℃に予熱したオーブンで30分、その後160℃に下げてからアルミホイルを被せて約15分焼く。
8.竹串を刺してみて生地が串についてこなければ完成。
オーブンから出して冷めてから8等分に切り分けてください。

ポイントは、卵とグラニュー糖をしっかり混ぜる事です。
ルバーブもクリームチーズも焼いているうちに沈みますが、切り口が美しくできます。
どうぞ、気軽にお試しください。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-野菜ごとのスイーツレシピ

Copyright© ベジスイーツ.com , 2017 AllRights Reserved.