野菜ごとのスイーツレシピ

レタスのマフィンで視力維持

投稿日:2017年5月17日 更新日:

レタスは主にサラダなどに登場する野菜で、日本でも頻繁に食卓に登場します。レタスは約95%が水分で出来ているため低カロリー食材で栄養価は期待できないと思われている方も多いようですが、実は幅広い栄養素をバランスよく含んでいることをご存じでしたでしょうか。

レタスに含まれる栄養と健康効果

まずレタスにはβーカロテンが多く含まれています。β-カロテンは抗発ガン作用や免疫賦活作用で知られていますが、その他にも体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。
ビタミン類も比較的多く、ビタミンCはアスコルビン酸とも呼ばれる水溶性ビタミンの一つで、人体の中では作ることが出来ないため、食事などによって外部から摂取しなければならない栄養素です。老化やがんの原因とも言われている活性酸素を自らが酸化される事で身体を酸化から守る働きがあったり、コラーゲンの生成に欠かせない栄養素であることからアンチエイジングなど美容効果も期待できます。またビタミンEは皮膚の血液循環を良くすることで新陳代謝を活発にし、シミや肌荒れを予防します。また、脳血管障害、心臓病、動脈硬化などの生活習慣病の予防や、末梢血管を拡張させて血液の流れを改善する働きがあるため、冷え性や肩こりなどの症状緩和も期待できます。
また以外にもカルシウムも多いのです。カルシウムは骨や歯の構成要素として身長の伸び・成長にかかわるだけではなく、体の生理機能を調整し心を安定させる働きがあります。血中に存在する機能カルシウムの働きは筋肉の収縮をコントロールし、こむら返りを予防する,神経伝達物質を放出し興奮や緊張の緩和,血液凝固や高血圧の予防,イライラを鎮める、大腸がんのリスクを下げるなどさまざまな生理作用があります。このように淡色野菜は、様々な栄養素がバランスよく含まれているという利点があるのです。

レタスを使ったベジスイーツ

レタスというとサラダか中華料理の炒め物がポピュラーな使い方であとはこれといって目立ったレシピがありませんよね。そこで本記事では最近話題のベジスイーツに注目し、レタスを使った素敵なレシピをご紹介します。

レタスのマフィン

[材料]

レタス…葉5枚分
木綿豆腐…270g
卵…2個
ホットケーキミックス…400g
白ごま…20g
牛乳…100ml
オリーブオイル…10ml
北海道てんさいオリゴ…大1

[作り方]

1.レタスを茹でて水気を切り、みじん切りにする。
2.ボウルに卵を割り入れて、ときほぐす。そこに、1でみじんぎりにしたレタスを入れ、ホットケーキミックスを数回に分けて加えながら泡だて器でしっかりと混ぜ合わせる。
3.2にぐちゃぐちゃに崩しておいた木綿豆腐をいれ、泡立て器でしっかりと混ぜる。
4.3に、牛乳、白ごま、オリーブオイル、北海道てんさいオリゴを入れ、ヘラに持ち替えてつやがでるまでしっかりと混ぜる。
5.マフィンカップに4を流し入れていったものを天板に並べる。天板に並べる前にマフィンカップの端を持ち、数回高いところからテーブルなどに向かって落とし、気泡を抜いておく。
6.あらかじめ200℃に予熱しておいたオーブンに5をいれて、20分焼成する。竹串などを指して何もついてこなければ完成。
7.6をクーラーなどに取り上げて粗熱をとる。

簡単なレシピですので気軽にお試しください。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-野菜ごとのスイーツレシピ

Copyright© ベジスイーツ.com , 2017 AllRights Reserved.