野菜ごとのスイーツレシピ

夏バテ防止に効果的!ナスを使ったなすプリンの作り方

投稿日:

ナスで火照りを抑えて食欲増進効果も!夏バテに最適野菜

ナスに含まれる成分の90%が水分で、栄養価の低い野菜と考えられてきました。
含有量は少なめですが、ビタミンB群やビタミンC、カリウム、鉄、カルシウム、葉酸、食物繊維など幅広くの栄養がきちんと含まれています。

ナスに含まれている水分が体の内側から熱を取り除き、火照りやのぼせを抑え、体を冷やす役割があります。
またコリンという成分が含まれており、胃液の分泌を促して肝機能を高め、食欲不振の解消に役立ちます。
カリウムには利尿作用があり、体の熱を体外へ放出することでも体を冷やす効果があります。

暑い季節に体の火照りを解消し、食欲増進効果によっても栄養不足を防ぎ、夏の体調を管理します。
これらの働きによって、ナスは夏バテ防止や夏バテ解消に効果的とされています。

ナスには夏バテ防止だけでなく、様々な効果が期待されています。

ナスの鮮やかな青紫色は、アントシアニン系ポリフェノールの一種「ナスニン」という成分です。
またナスのアクにはクロロゲン酸が含まれています。

このナスニンやクロロゲン酸は、ポリフェノールの持つ抗酸化作用、老化防止やガン抑制に効果があります。

ナスニンはコレステロール値を下げる働きがあり、他の野菜よりもガン抑制効果がトップクラスであるといわれています。
クロロゲン酸が分解されてできるカフェ酸は、肝臓ガン予防に効果があります。

夏の強い紫外線を受けても、強い抗酸化作用によって内側からアンチエイジング効果・シミ予防なども期待できます。
またアントシアニンの効果もあるため、疲れ目など視機能改善にも期待できます。

さらに特徴的なのが、炎症や痛みを抑える効果です。
ナスにはプロテアーゼインヒビターという成分が含まれており、
胃炎や口内炎、関節痛や喉の痛みなどの炎症や痛みを抑制する働きがあります。

ナスの選び方、調理方法

ナスはヘタの切り口がみずみずしく、皮にハリとツヤがあるものを選びます。

また調理の際は、油との相性が良く油を含みやすいため、炒めものや揚げ物にして食べるのがおすすめです。
抗酸化作用のあるビタミンEが豊富な植物油と組み合わせると最適です。

ナスの皮にはポリフェノールが含まれるため、皮は剥かずに調理します。
また切ってすぐに水にさらすと、アクが抜けて変色を防ぐことができますが
アクにはクロロゲン酸が含まれるため、長時間はさらさないようにします。

ナスを使ったベジスイーツレシピ

【なすの簡単なめらかプリン】
今回はデザートのため、皮は取り除きます。
料理の際には皮ごと調理をおすすめします。

[材料]
那須・・・100g
グラニュー糖・・・15g
豆乳・・・120ml
粉ゼラチン・・・6g
牛乳・・・100ml
バニラエッセンス・・・3~4滴

[作り方]

①なすの皮をむき、適度な大きさにカットします。
水にさらして軽くアクを抜きます。

②鍋になすとグラニュー糖、豆乳を入れて、とろとろになるまで加熱します。

③火を止めて、ゼラチンを振り入れて混ぜ溶かします。

④ミキサーやブレンダーなどで、滑らかになるまで粉砕します。
牛乳とバニラエッセンスも入れて混ぜます。

⑤氷水にあて、時々混ぜながらとろみがつくまで様子をみます。
とろみがついてきたら、カップなどの容器に流し入れます。

⑥冷蔵庫で冷やし固めて完成です。

まとめ

ナスは水分の多いことから栄養がないと思われがちですが、日本では奈良時代から親しまれてきた歴史のある野菜です。
しっかり栄養を含み、夏バテ以外にも様々な健康効果に役立ちます。

ナスは暑い夏の時季に食べやすいだけでなく、健康維持や美容効果にも期待ができます。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-野菜ごとのスイーツレシピ

Copyright© ベジスイーツ.com , 2017 AllRights Reserved.