野菜ごとのスイーツレシピ

抜群に多い栄養素で健康維持!パセリでベジスイーツ

投稿日:2017年4月24日 更新日:

トップクラスの高栄養、パセリで健康維持

パセリには、βカロテンやビタミン類、ミネラル類がとても多く含まれています。

βカロテンは体内でビタミンAに変換され、活性酸素を取り除く抗酸化作用があり動脈硬化の予防に役立ちます。
またカリウムは余分なナトリウムを体外へ排出し、高血圧を予防します。
利尿作用によって手足のむくみも改善します。

ピネンは胃を刺激して消化を促し、アピオールは食欲増進、夏バテなどに効果的といわれています。

他にも糖質の代謝を助けるビタミンB1、健康的な皮膚、髪の毛、爪など作るビタミンB2、
風邪予防や美容効果のあるビタミンC、貧血予防のためのヘモグロビン合成に必要な鉄、
カリウムやカルシウムと多くの栄養が含まれています。

普段、色どりなど添えものとして、口に入れないことも多いパセリ。
野菜の中でもトップクラスに栄養素の含有量が多く、
その一房を口にするだけで摂取栄養価がいっきにあがります。

また口臭予防の効果があり、ハーブ独特の香りで口直しにもなるため一緒に食べることをおすすめします。

パセリの摂取方法

パセリは葉の緑色が濃く鮮やかなものを選びます。
葉先が黄色くなってきているものは、新鮮ではなくなっています。
乾燥しやすいため、密封袋に入れ冷蔵庫で保存します。

基本的に生で添えられていて、そのまま食べることで多くの栄養を摂取できます。
加熱によりビタミンCは減少しますが、パセリはその他の栄養が豊富なため
匂いや味がきつく苦手な方は、加熱調理をして食べやすい方法での摂取をおすすめします。

また油と一緒に調理することで、βカロテンの吸収率がよくなります。

パセリをつかった簡単クッキー

【パセリで栄養満点クッキーレシピ】

[材料]
小麦粉・・・100g
ベーキングパウダー・・・3g
無塩バター・・・50g
粉砂糖・・・20g
粉チーズ・・・15g
パセリ(刻んだもの)・・・大さじ2
塩・・・ひとつまみ

[作り方]

①パセリは細かくカットしておきます。

②小麦粉とベーキングパウダーはあわせてふるっておきます。

③ボールに無塩バターを入れ、ホイッパーかハンドミキサーで
空気をふくませるよう白っぽくクリーム状になるまで混ぜます。

④そこに粉砂糖を入れて混ぜ、同じように空気をふくませるように混ぜます。

⑤塩とふるっておいた粉類と粉チーズを入れ、ゴムベラで切るようにさっくりと混ぜます。
刻んでおいたパセリも入れて、同じように混ぜます。

⑥生地をひとまとめにし、ラップで包んで冷蔵庫で1時間ほど休ませます。

⑦打ち粉をした台に生地を出し、伸ばし棒で厚さ1cmくらいに伸ばし、好きな型で抜きます。
もしくは、生地を直径5cmくらいの棒状にしてさらに冷蔵庫で1時間~冷やし、
包丁で厚さ1cmごとに切ってもキレイな丸形クッキーができます。
クッキングシートにまんべんなく広げます。

⑧180℃に余熱したオーブンで、15~20分程焼きます。
ほんのり焼き色がついたら出来上がりです。

まとめ

パセリには抜群に多くの栄養が含まれていて、飾りとして残すのはとても勿体ない野菜です。
生活習慣病予防、胃の健康、精神安定や美肌効果、貧血予防、リラックス効果、むくみや便秘改善など、様々な効果で健康維持に役立ちます。

妊娠中のみ、子宮に刺激があたえられるため、多量摂取はさける必要があります。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-野菜ごとのスイーツレシピ

Copyright© ベジスイーツ.com , 2017 AllRights Reserved.