野菜ごとのスイーツレシピ

胃腸をコントロール!キャラメルごぼうのスターアニス風味

投稿日:

食物繊維の王様、ごぼう

日本の食卓において、炊き込みご飯や筑前煮などでおなじみのごぼうは、食物繊維の代名詞とも言われるほど食物繊維が豊富で主に整腸作用に効果があると言われています。野生のごぼうはヨーロッパ、シベリアから中国大陸にかけて広く分布していますが、根の部分を食用にするのは日本だけという変わった根菜です。

ごぼうに含まれる栄養素と健康効果

ごぼうを栄養面から見ると、成分の8割が水分で、ビタミン類もあまり含まれていません。しかし、それを補って余りあるだけの食物繊維の効能があります。食物繊維は、栄養ではありませんが、腸の働きを整えたり、コレステロールをコントロールしたりする重要な作用を持っています。近年では、発がん物質など有害物質を体外に排泄する機能が、あることがわかっています。ごぼうには、1.8%の繊維が含まれているので、便秘の人が常食すれば、症状の改善が期待できます。
またごぼうには、利尿効果もあるので、腎臓病などで体がむくんでいるときに食べると、体の余分な水分が尿になって排泄され、むくみを解消します。
ごぼう特有のシャキシャキした歯ざわりは、イヌリンという炭水化物によるものですが、このイヌリンに腎臓の機能を高める効果があります。ごぼうを常食すれば、便や尿や汗といったいろいろな形で、体内の毒素を排泄してくれますので、血液が浄化され、肌も美しく保たれます。便秘などによる吹き出物、肌荒れに悩んでいる人は、お肌のトラブルの解消が期待されます。
その他にもごぼうには色々な健康・美容効果があります。ごぼうは、低カロリーでありながら、ミネラルなどの成分が多いので、糖尿病患者の食事に適していると言われており血糖値の上昇を抑える効果もあります。
古代より、せき、たんの妙薬としても、愛飲されてきたという歴史もあります。ごぼうの皮をすりおろしたものをしぼって、その汁を定期的に飲めばせきが止まり、たんが自然に切れるようになるといわれています。
また、ごぼうを刻んで布袋などに入れ、風呂に漬けて入浴すれば、あせもなどに効果を発揮します。

ごぼうをより食べやすいベジスイーツに

このように様々な効能が期待されるごぼうですが、どうしても特有の土臭さが苦手だという方も多いと思います。そこで本記事では最近話題のベジスイーツに注目し、ごぼうをシロップ漬けにし、八角の香りをつけることで、これまでのごぼう料理とは全く違ったテイストを楽しんで頂ける、魔法のレシピをご紹介いたします。

キャラメルごぼうのスターアニス風味

[材料]

ごぼう…1/2本
☆酢…小さじ1
☆水(酢水用)…1L
砂糖…30g
水(シロップ用)…200cc
スターアニス(八角)…2個

[作り方]

1.ごぼうをたわし等でこすって、皮を削ぎ10cm位の長さに切り、縦半分にカットします。
2.☆を合わせた酢水にごぼうを10分ほど浸し、あくを抜きます。
3.鍋に砂糖と水、八角、ごぼうを入れ、煮汁が少なくなって、ごぼうが柔らかくなるまで弱火で煮詰めます。
4.煮汁が少なくなったら飴化させ、火からおろします。ごぼう同士がくっつかないようにし、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やします。
5.表面がカリカリになったらお皿に盛り付けて、完成です。

煮汁にとろみが出てが砂糖が焦げ始めたら、ごぼうがまんべんなく飴でコーティングされるように、菜箸でごぼうをかき混ぜるのがポイントです。この機会にぜひお試し下さい。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-野菜ごとのスイーツレシピ

Copyright© ベジスイーツ.com , 2017 AllRights Reserved.