野菜ごとのスイーツレシピ

野菜を使った簡単お菓子レシピ!パンプキンパイの作り方など

投稿日:

最近はお子様からお年寄りまで体の健康を考えてお食事をされているかたが多くなりましたね。ポタジエさんなどの野菜スイーツ専門店で購入したいけど毎日は無理だし、近くに野菜スイーツのお店がないし・・・といいう方の為にびっくりするほど簡単なお野菜を使ったお菓子のレシピをご紹介します。

野菜のお菓子作りで一番簡単!?我が家のスイートポテト

これはサツマイモの美味しい季節にピッタリなお菓子です。
普通のスイートポテトも難しくはないんですが材料そろえるのが大変!
そこで私が考えたのは(私がサツマイモが大好物なので思いついたのかもしれませんが)サツマイモ×ある材料1つでできるスイートポテトです。
材料は、サツマイモ(甘太くんはよくスーパーでも売っているので買いやすいかも)私は神戸に住んでいるので鳴門金時がすぐ手に入るので鳴門金時や、あと安納芋は見つけたらそぐ買いしています。
まずは、お好きなサツマイモを蒸します。(焼いてもOKですよ)
もしくは、スーパーで今焼き芋よく販売されていますよねそれでも全然OKです。

皮を剥いてすり鉢に実だけを出してすり鉢でペースト状にします。(フードプロセッサーがある方は使って下さいね)私は、少しお芋の食感が欲しいので完全にペーストにはしないのですが・・・ペースト状にしたお芋に牛乳か生クリームか豆乳を少しだけ入れて混ぜます。これを入れるとコクがでます。どれでもOKですよ。
あとはアルミカップにお芋を入れてトースターで焼き色が付くまでやいたら完成!

見た目にツヤが欲しいかたは卵黄を塗るときれいですが、残った卵白のメレンゲのお菓子作るのがね・・・。ということでツヤを出すために牛乳を刷毛やスプーンの裏を使って塗っています。これでも少しツヤが出るんです。

サツマイモの自然の甘みが存分に味わえる簡単お手軽スイートポテトです。
※お芋の種類によっては甘みが少ないものもあるのでもしお芋を少し食べてみて甘みが足りないなぁというときは少しキビ糖などを加えてペーストにしてもOKですし、生クリーム使うなら甘みがあるのでお砂糖なしでも大丈夫ですよ。

野菜の簡単お菓子レシピ・・・でもこれってレシピっていうのかな位簡単です。

これもズボラな私がよくする野菜のお菓子です。(自称ですが簡単・お手軽・ズボラ飯研究家です(笑))
先程ご紹介したスイートポテトも、蒸すのが面倒なら焼き芋を買ってきて少し液体で伸ばしてカップに入れて焼くだけでしたよね。
この野菜のお菓子も好きなお野菜を買ってきてスライサーでサッサッサとするだけです。
私がよく使うお野菜は、レンコン、ニンジン、じゃがいも、カボチャ、サツマイモです。
これ以外でもご自分の好きなお野菜でOKですよ。
野菜を(私は皮つきのまま使います)スライサーで適当な厚さにスライスして油で揚げるだけです。(レシピと呼べるほどのものじゃなくてすみません)
もしくは、油がきになるわというかたは、重ならないようにお皿に並べてレンジでチンでもできます。野菜の簡単チップスです。
もぅねぇ食べだしたら止まらないんです。レンコンは薄くするとパリパリですし、少し厚みがあるとホクホクの食感です。
ニンジンやかぼちゃは油との相性がよく加熱すると甘みがでるのでオススメです。
あと、これはひと手間いるんですが、玉ねぎを適当な大きさに切って薄く衣つけて揚げる!
これ以前いった居酒屋さんのおつまみで出てきたメニューなんですけど淡路島の新玉だったので美味しすぎて追加注文してビールと玉ねぎばっかり食べてました。

まとめ

どうでしたか?お野菜のお菓子だからってそんなに難しくないんですよ。
野菜のお菓子は素材そのものの食感や風味を味わうのがいいと思うので、そんなに手間をかけなくても簡単にお菓子作りが出来ちゃいます。
だって昔からある蒸かしイモや、焼き芋も立派な野菜のお菓子ですよ。
また果物に比べてカロリーも少なく栄養価も高いので私はオススメしています。

カボチャ(南瓜)は、皮が緑色で実と種が黄色の大きく丸いウリ科の野菜です。黄色い実に甘みが強く、スイーツの材料にとても適しています。多肉で収穫量も多く、保存も効くので食用価値の高い野菜の一つです。

果肉の色が黄色くきれいで、果肉に甘みが多いのでスイーツの材料としてもとても重宝します。

カボチャの栄養と効果

炭水化物が多くカロリーが高く100g中73kcalですが、ビタミンA(ベータカロテン)や、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、水溶性食物繊維、不溶性食物繊維など多くのビタミンやミネラルを含むため、健康的でヘルシーなスイーツの材料として利用できます。

カボチャの栄養素の食物繊維は消化吸収を良くして、ビタミンは疲労を回復する役割をします。カボチャには冷えを改善する役割もあるので、夏に冷たいものを食べて体が冷えた時や秋冬の気温が低い時期にもカボチャを積極的に摂りたいですね。

カボチャを使ったお菓子の種類

カボチャを使ったスイーツはハロウィンの頃によく作るパンプキンパイや、タイの伝統的なデザートとしても知られるパンプキンプティング「サンカヤー・ファクトーン」などがあります。カボチャの黄色や緑を生かしたクッキーやバターケーキなどの焼き菓子は多々あり、ヘルシーベジスイーツの焼き菓子の材料になっています。

茹でたカボチャの果肉に少量の砂糖と卵や小麦粉を混ぜて焼くだけで、カボチャの入った鮮やかな黄色のマフィンやクッキー、スコーンなどの焼き菓子が出来ます。また、スイートポテトやプリンのようにカボチャの香りと色を楽しむスイーツも作れます。シナモンなどのスパイスを混ぜてパイ生地やタルト生地と合わせれば簡単にパンプキンケーキが作れます。

カボチャの果肉はゆっくりと過熱すると甘さを増す性質があるので、自然な甘みを楽しむべジスイーツの材料として重宝する野菜の一つです。

カボチャって

カボチャはウリ科のつる性の植物に実る果菜の一つです。日本ではニホンカボチャ、セイヨウカボチャ、ペポカボチャの3種類のカボチャが主に利用されています。ニホンカボチャの原産地は中央アメリカで、16世紀(戦国時代)の頃に、ポルトガル船によってカンボジアから伝来したと言われ、カンボジアが訛ってカボチャと呼ばれるようになりました。

カボチャは夏に収穫し、風通しのよいところに1~2カ月置いておくとデンプンが糖質に変わり甘さが増します。ですから、ほくほくとした甘みのあるカボチャは秋から冬にかけて出回ります。

ヘルシーなカボチャを使った簡単なべジスイーツレシピ

パンプキンパイ

〇材料
・冷凍パイ生地 1枚
・カボチャ 450g(マッシュして400gほど)
・砂糖 50g
・牛乳 100g
・卵 2個
・シナモン 少々
・ショウガ 少々

〇作り方
1.冷凍のパイ生地を適度な硬さに解凍して23㎝のパイ皿の大きさに綿棒で伸ばします。
2.あまったパイ生地はひも状にして飾りにします。
3.皮ごと茹でたカボチャをマッシュして、砂糖、牛乳、卵、シナモン、すりおろしたショウガを混ぜます。
4.1のパイ生地にフォークでピケをして3を平らに入れ、上にひも状のパイ生地を飾り、照り用の卵をハケで塗ります。
5.200度に予熱したオーブンで30分位焼成して出来上がりです。

カボチャのお菓子のまとめ

カボチャは保存が効き、輸入品なども出回っているのでほぼ一年中利用できる便利な野菜です。カロリーが多い野菜なので、子供や高齢者など捕食が必要な場合のおやつなどにも適しています。

また、カロテンや食物繊維が多いので、栄養面からも積極的に摂りたい野菜の一つです。

パンプキンパイはシナモンやグローブ、ジンジャーなどのスパイスを利かせると風味のある美味しいお菓子になります。冷凍のパイ生地を使えば簡単に作れます。ぜひ一度お試しください。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-野菜ごとのスイーツレシピ

Copyright© ベジスイーツ.com , 2018 AllRights Reserved.