野菜ごとのスイーツレシピ

金時豆のはちみつ漬けで簡単でヘルシーなお菓子作り

投稿日:2017年7月16日 更新日:

金時豆を茹でて蜂蜜に浸した、ハニー金時は、冷蔵庫に保存しておくとおやつや箸休め、お茶うけ、オードブルなど使い道が多いスイーツです。朝食に少し甘いものを食べて頭を起こしたい時にも重宝しますよ。なにかと使い勝手がよいスイーツのはちみつ漬けの金時豆。今回は金時豆の簡単な茹で方とはちみつの漬け方、ハニー金時を使ったケーキの作り方などを紹介します。

金時豆って

金時豆はインゲンマメの一種です。日本では半数以上が北海道で栽培されています。金時豆の特徴は豆の形が大きく丸みが整っていて、きれいな赤紫色をしていることです。金時豆は形が崩れにくいので煮豆として食されることが多く、甘納豆や煮豆に最も適した豆と言われています。

金時豆の栄養

金時豆には糖質とタンパク質が多く、脂質はほとんど含まれません。代謝活動に欠かせないビタミンB1などのビタミン類、鉄やカルシウムなどのミネラル類を含有しています。豆特有の食物繊維も多く、整腸作用があり、生活習慣病の予防に役立つと言われています。

金時豆のはちみつ漬けの作り方

〇材料
金時豆 適量
蜂蜜 適量

〇作り方
1.金時豆は一晩水につけて戻しておきます。
2.翌日、水から茹でて形がしっかりと残る程度にふっくらとやや硬めにゆで上げます。お好みの硬さで大丈夫です。
3.熱いうちに蜂蜜を回しかけ、金時豆全体にかかるようにして、冷蔵庫で冷やします。

金時豆のはちみつ漬けの使い方

金時豆のはちみつ漬けの蜂蜜と一緒にレモンや柚子などの柑橘類を輪切りにして入れておくと、爽やかな香りのする煮豆になります。柑橘類ではなく、シナモンやクローブ、カルダモンなどのスパイスを入れれば、南国風の香りのするデザートになります。

そのまま、小皿にだして食しても良いですし、アイスクリームやヨーグルトに添えるても美味しいです。クリームチーズと一緒にクラッカーにのせてオードブルにしてもおしゃれな一品になります。

金時豆のはちみつ漬けを加えたケーキの作り方

〇材料
金時豆のはちみつ漬け 60g
ホットケーキミックス 200g
バター 100g
卵 2個
牛乳 100g
〇作り方
1. バターを室温にしてから、ボウルにバターをいれホイッパーで柔らかくなるように混ぜます。
2. 2.1のボウルに砂糖を加え、白っぽくなるまで混ぜ、よく溶いた卵を少しずつ加えて混ぜます。
3. 卵が全量混ざったら、ホットケーキミックスを加え、ゴムベラで切るように混ぜ、全体に艶が出たら、金時豆のはちみつ漬けをいれ、満遍なく混ぜます。
4. オーブンを180℃に予熱して、型にバターを塗り、3の生地を型の8分目まで流し入れます。
5. 180℃のオーブンで、20~30分焼成します。
6. 竹串をさして生地が付いてこなければ焼き上がりです。
7. 粗熱をとってから、切り分けて頂きます。

はちみつ漬けの金時豆のまとめ

金時豆は形と色がきれいで見た目に可愛らしいので、スイーツの材料に適しています。和菓子などの材料として利用しても素敵なお菓子が作れます。栄養的には、食物繊維が多く、カルシウムなどのミネラルが豊富です。金時豆のはちみつ漬けが冷蔵庫にあるとおやつやお茶うけにも利用できてとても便利なので、ぜひ、金時豆を茹でて作ってみてください。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-野菜ごとのスイーツレシピ

Copyright© ベジスイーツ.com , 2017 AllRights Reserved.