野菜ごとのスイーツレシピ

手軽にスタミナ回復!アスパラガスのシフォンケーキ

投稿日:

茹でても栄養価が落ちない!アスパラガスの魅力

様々な料理に登場し、現代の食生活では欠かせないものの1つとなったアスパラガスには、主にアスパラギン酸とメチルメチオニンという栄養素が含まれています。この2つが非常に独特な効能を持っていることをご存じでしょうか。
アスパラギン酸には血圧を下げたり、毛細血管を広げたりする役割があることから、免疫力アップや疲労回復、美肌に効果的です。メチルメチオニンとは胃酸の分泌を抑えたり、粘液の新陳代謝促進という働きがあり、胃潰瘍などを始めとする胃腸に関連する病気の治癒を助けるという効果もあります。またニコチンを解毒する作用も確認されており、生活習慣病と戦う現代人にとって実にありがたい野菜なのです。

アスパラガスを使ったスイーツで健康促進

このように栄養価の高いアスパラガスですが、主に西洋料理で使われる野菜ですから、和食が中心の日本の食卓で毎回登場させるのは難しいです。そこで、本記事では昨今話題になっている「ベジスイーツ」に注目し、日本人にもなじみのあるシフォンケーキにアスパラガスを入れることで、より手軽にアスパラガスの栄養を摂取する方法をご紹介いたします。

アスパラガスのシフォンケーキ

[材料]

アスパラガス…100g
牛乳…大さじ1
サラダ油…45cc

(A)
薄力粉…90g
ベーキングパウダー…小さじ1
塩…ひとつまみ

(B)
卵黄…4個分
砂糖…30g

(C)
卵白…4個分
砂糖…60g

[事前準備]

1.(A)の薄力粉、ベーキングパウダー、塩を合わせてふるっておく。
2.卵を常温に戻し、卵黄と卵白に分けておく。

[作り方]

1.アスパラガスを沸騰した湯でさっとゆで、ザルに上げておく。粗熱がとれたら2cm程度の大きさ
に切る。
2.1と牛乳をミキサーにかけ、なめらかにする。
3.ボウルにBを入れ泡だて器でかき混ぜる。2とサラダ油を入れ、さらにかき混ぜる。
4.3にふるった(A)を入れてダマができないよう十分に混ぜる。
5. メレンゲを作る。(C)の卵白を8分立て位まで泡立てる。(C)の砂糖を4,5回に分けて加えなが
角が立つまでしっかりと泡立てる。
6.4に5の1/3量入をれて、泡をつぶさないようにサックリと混ぜる。残りも2回に分けて加え、都
度しっかりと混ぜる。
7.6をシフォン型に入れ空気を抜いてから170℃のオーブンで30~35分焼く。焼きあがったら、型
のまま逆さにして冷ましておく。
8.完全に熱がとれたら型から抜き、お好みでシュガーパウダーやホイップクリームを添えて完成。

[注意]

*アスパラガスはしっかりとミキサーにかけとろっとした状態に仕上げる。
*メレンゲを作るときは、最初に卵白のみを溶いてコシを切ってから塩を一つまみ入れてた状態でし
ばらく泡立てて下さい。最初に塩を入れることで凝固作用により卵白のコシが切れ、泡たちが早くなり、最終的に綺麗なメレンゲを作ることができます。

アスパラガスの鮮やかな緑と栄養素を損なうことなく、甘くてフワフワのシフォンケーキを楽しむことができるレシピです。時間のない主婦の方でも簡単にお作りいただけますので、ぜひお試しください。

野菜スイーツの記事

ベジスイーツ ベジスイーツ

-野菜ごとのスイーツレシピ

Copyright© ベジスイーツ.com , 2017 AllRights Reserved.